面接

面接予定をキャンセルされた!「採用者決定のため」という企業側の理由

面接予定 キャンセル 企業 内定者 採用者 決まった

書類選考に通過し、面接を予定していた企業から「採用者が決まった」という理由でキャンセルをされた

応募者が面接を辞退することはあっても、企業側から予定をキャンセルされるなんて・・・

こんなことってよくあることなの?

志望度が高かった企業なのに、面接もせずに不採用なんて納得がいかない

転職・再就職活動では、複数の求人に応募しますので、中にはこのような経験をすることもあるのではないでしょうか。

実はこれ、私の実体験なのです。

ということで、私の経験から言えることはこちら。

  • 通常は、企業イメージ低下や内定辞退のリスクを考慮し、たとえ採用者が決まっていたとしても、既存の面接予定をキャンセルすることはない。

  • しかし、中小零細企業の場合には企業側から面接予定をキャンセルされる可能性がある

  • ⇒そんな企業の面接に行かなくて良かった、ご縁がなかったと気持ちをきりかえよう

上記の内容について、本編で詳しくお話していきますね。

面接の数日前に、「採用者が決まった」という理由で、企業側から面接キャンセルの連絡

企業側が面接予定をキャンセルをする理由

書類選考や1次面接の合格を伝え、既に次の選考日が決定している応募者に対し、企業側から面接予定をキャンセルする理由は「採用者決定のため」。

キャンセル理由は私たちでも想像はできますよね。

表向きの理由としては、採用の見込みがない求職者の時間や交通費を無駄にしないためということがあるのかもしれません。

しかし、どちらかといえば「求職者の時間」ではなく、「企業側の時間」

面接官が採用見込みのない応募者の面接のために費やす無駄な時間をなくしたいという気持ちの方が大きいように思います。

印象最悪!企業側の理由で、面接予定者をキャンセルすることによるデメリット

求職者は面接のためにスケジュール管理をしている

既に内定者が決まっており、受かる見込みがない企業の面接に行くよりも、面接キャンセルを言ってくれた方がよい。という方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、私たちが面接を受ける場合、企業の採用状況はわかりませんよね。

その企業が既に内定者を決めているのか、そうでないのかはわからない中で、可能性にかけて全力で面接に挑んでいます。

2週間後、3週間後の予定をキャンセルされるというならまだしも、数日前に突然連絡をされるなんて憤りを感じずにはいられません。

転職・再就職活動の面接スケジュール管理は大変なんです!

複数の企業の選考を同時並行で進めるために、面接日の調整には労力を要します。

特に、遠方から都心の企業の面接を受ける場合には、交通費や宿泊費を安く抑えるために早くから予約をしている場合だってあるのです。

転職活動にはお金がかかりますので、少しでも節約しようと返金不可のプランで予約している場合などは、一方的な面接キャンセルに納得できないという気持ちも十分わかりますよね。

企業側から面接予定をキャンセル⇒印象が悪くイメージ低下

今の時代、SNSやブログなどで個人が簡単に情報を発信することできます。

企業側の都合で、面接予定をキャンセルすることが求職者にどのような印象を与えるのかわかっていない。企業イメージが低下するということを想像できていないというのは、危険です。

また、内定者からの内定辞退のリスクを考慮していない、危機管理の甘さもあるのではないでしょうか。

転職口コミサイトで同じような事例がないか、またどのような企業なのかということをチェックしておくと良いですね。

↓↓年収・企業口コミの閲覧可能!後悔しない転職をするためにキャリコネに登録↓↓

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

/企業口コミを転職前にチェック!\

以下はYahoo知恵袋に投稿されていた採用担当者の方の文面です。

一応、採用する側としては面接に応募した人とは、採用予定者が決まった後でも面接の予定者として決定してる人に関しては、面接をしなきゃならないという決まりがあります。

(中略)

なぜ内定者が決まっているのに面接をするのかという理由についてですが、例えば一日で何人も面接をする会社があったとして、最初に面接した人が好印象だったのでその人に決定したいと思ったとします。だからといって、面接に来た二番目以降の人を、門前払いしてはいけないことになっているんです。
(僕も法令を確認したわけじゃないですが、人事の上司からハロワからの指導だと聞かされたように思います)

引用元:転職で、面接日程を一度変更していただいたのですが、その後インフルエンザにかかり面接に行けなくなりました。

このように、既に採用者が決まっていたとしても、面接予定がある以上は、企業側は面接をするのが一般的です。

私が面接で不採用となった企業の中にも、もしかすると上記理由で落とされたケースもあるのかもしれません。

しかし、たとえ不採用だったとしても、面接の経験は私たち求職者にとっては貴重な経験で、失敗から学ぶことも多くあります。

上手く答えることが出来なかった質問を反省し、次に活かすということの繰り返しなのです。

時間を割いて真摯に対応してくださった企業に対しては、たとえ不合格だったとしてもネガティブな印象は持ちません。

企業側からの面接キャンセルは納得できない?ご縁がなかったと気持ちを切り替えよう

数日前に企業側の都合で一方的に面接をキャンセルされた場合、不満や不信感が募りますよね。

在職中で忙しい中有給申請をしていた場合、遠方から上京するために交通手段や宿泊を手配していたというのであれば尚更です。

この面接のために他の予定を調整したのに・・・といったやりきれない気持ちは私自身が経験しましたので痛いほどわかります。

しかし、いつまでも悩んでいても仕方ありません。

通常の企業であればこんな対応はしない!

リスク管理が不十分な企業であったということが分かったのだから採用されなくて良かった!

このように気持ちを切り替えましょう!

そしてこの経験から学んだこととして1点。

転職・再就職活動はスピードが大切。

志望度の高い企業の面接は早く予定を入れること!

良識の有る企業であれば、採用者が既に決まっていた場合、たとえ消化面接となったとしても面接をしてくださいます。

私たちには採用の可能性があるのか否かはわかりません。

つまり、いいなと思った企業があれば、応募するかどうかを迷っている時間はないのです。

書類選考が通れば、早め早めに面接日を指定しておくことが重要ですね。

↓↓30代後半で再就職した私が利用した転職サイトはこちら↓↓

30代後半 ブランク10年 利用した就職・転職サイト
30代後半で再就職した私がおすすめする転職サイト・エージェントブランク10年の30代後半女性でも、再就職できるのだろうか? 仕事を探すためにはハローワーク?それとも転職サイトやエージェント? ブランクがあっても応募可能な求人はどのようにして探せばよいのだろうか?...

↓↓転職者の約8割が利用!リクナビNEXTの登録はこちらから↓↓

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

↓↓転職エージェントDODAへの登録はこちらから!↓↓

業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービス

↓↓ 転職者の71%が年収アップに成功!↓↓

【type転職エージェント/公式】ひとつ上を目指すあなたの転職アドバイザー

最後に

いかがでしたか?

1次面接の数日前に、内定者が決まったという理由で企業側に面接予定をキャンセルされた私自身の経験を基に、当記事をまとめてみました。

実は、この話には後日談があり、なんとその企業から再度面接のオファーがあったのです。

結局、こういう企業はやめておいた方がよい。という結論につきます。続編にご興味がございましたら引き続きご覧ください。