転職・再就職活動準備

いい求人がない、応募したい企業がない・・・あなた自身の問題では?

いい求人がない 応募したい企業がない

転職や再就職のために求人を探しているけど、いい求人がない。

応募したい企業や求人がない 。行きたい会社がない。と思う時がありますよね。

私自身、30代後半で正社員に再チャレンジしようと再就職活動を行いましたので、同じような悩みを抱いたことがありました。

しかし、「いい求人がない」のではなく、「いい求人を探すことができない自分に問題がある」と自分事として考え、行動していくことで、ブランクがあっても無事に正社員として仕事を得ることができました。

では、「いい求人がない、応募したい企業がない」時にはどのように行動すればよいのかについて、もう少し詳しく考えていきますね。

いい求人がない、応募したい求人・企業がないと思う理由

転職や再就職をしようと決意するきっかけは様々です。

私の場合は、離婚後の生活のため、経済力をつける必要がありましたので、非正規雇用ではなく正社員に絞って再就職活動を行いました。

どのような仕事をしたいのか、できるのか、仕事探しの軸が定まっていない

いい求人がない、応募したい企業がないと思う理由の一つは、自己分析、棚卸が不十分で、どのような仕事がしたいのか、どのようなスキルを活かして働きたいのかといった、仕事探しの軸が定まっていないことが挙げられると思います。

何がやりたいのか、重視している条件は何かが定まっていない状態ですと、求人を眺めていてもピンとくるものがないんですよね。

私自身、就職活動の初期の頃がまさにこの状態でした。

↓↓30代後半、ブランクありの私がどのようにして再就職活動を始めたのか?その手順はこちら↓↓

30代後半女性 再就職 転職 手順 始め方 正社員
30代後半女性が再就職・転職活動を始める手順【目指せ正社員!】30代後半で、職歴にブランクがある女性が再就職活動をするには、どのような手順で進めていけばよいのだろうか。 派遣やパートから正社員へ転職するためにはどのような順番で行動すればよいのか、就職活動の始め方がわからないとお悩みではございませんか。...

漠然とした状態で求人を検索し、その企業の給与が低い場合、「この企業はちょっとなぁー・・・」という印象になってしまいますよね。

ということで、やはり自己分析をして自分の強みと弱みを理解しておくことは重要です!

↓↓あなたの強みを無料で診断!リクナビNEXTはこちらから↓↓
グッドポイント診断LP

希望条件を絞りすぎ!

次の転職では絶対に失敗したくない!と思うと、ついつい希望条件が多くなってしまいますよね。

あなたが都心で転職・再就職活動を行うのであれば、希望条件が多くても検索結果に出てくる企業は少なくないかもしれませんが、求人数が少ない地方になると検索結果が0となってしまう可能性も高くなります。

妥協で仕事を探すことはおススメしません。

しかし、こだわりが強すぎて全てマッチする企業でないと応募しないのであれば、良い企業にめぐり合うチャンスを逃すかもしれません。

求人情報に記載されていることはごく一部の情報です。

複数回の面接で企業のイメージが異なることもあります。

面接 志望度 変わる 経験 面接官 印象
面接の印象や対応、企業の雰囲気で志望度は変わる!【体験談】最初はそれほど志望順位が高くなかった企業でも、1次面接、2次面接での対応や会社の雰囲気、印象が良く、志望度が上がった経験はございませんか? 「面接官から言われた言葉が嬉しかった。」 「今まで自分が経験してきたことを認められたような気がした。」...

転職サイトに記載されている情報の条件だけで選択肢を狭めてしまうのはもったいないと思います。

そもそも転職・再就職に不安や迷いがある

転職・再就職は人生の大きな決断ですよね。

新しい人間関係を構築する必要がありますし、またゼロから新しい仕事を覚えなくてはなりません。

場合によっては転居を伴うこともあるでしょう。
大変なことを理解したうえで、それでも、あなたはあなたの将来のために、転職・再就職をすると決めたわけです。

不安や迷いが大きいと、転職サイトの求人を眺めていても、あなたの心理状況に左右されて、よい求人を見逃しているかもしれません。

今回の転職・再就職活動を乗り越えて、自分の力で新しい人生を切り開く!

こんな風に、明るい未来を想像し、自分を奮い立たせることで求人検索をポジティブに考えられるようになるかもしれません。

離婚 自立 仕事 資格 女性 辛い
離婚後は良い仕事を見つけて自立する!という覚悟と行動力が大切離婚後は自立するために正社員の仕事を見つけて働きたいけれど・・・・。 専業主婦で扶養されていた場合には、 離婚を機に社会復帰し、自分の稼ぎで生計を立てるということに不安を感じるのは当然のことだと思います。離婚後の生活がどれほど辛いのか、仕事を探すためには資格が必要かなど考えれば考えるほど心配になりますよね。...

いい求人がない、応募したい求人・企業がない場合はどうすればいいのか

では、いい求人がない、応募したい求人がないという場合にはどのように行動すればよいのか、具体的に考えていきたいと思います。

譲れない条件は何か、仕事選びの優先条件をつける

まずは、仕事を選ぶ際の優先条件をつけることです。

給与は〇〇万円以上で、仕事内容は〇〇で、賞与は5か月以上で、残業少な目・・・などなど人によって条件は様々ですよね。

仕事内容、通勤にかかる時間、給与、残業など全て完璧に合う求人を探すことは難しいです。

だからこそ、あなたにとって譲れる条件と譲れない条件は何なのかをはっきりと決めておくことが重要です。

なぜなら、中途採用では同時並行で面接を進めていくことになります。

面接日程の調整が必要になったり、内定後に辞退するのか否かを決める際に、あなたの判断基準をしっかり決めておかないと、後々後悔するかもしれないからです。

転職 条件 仕事選び 優先順位
仕事選びの条件 妥協できることとできないこと優先順位をつけよう現在転職・再就職活動中。 何もかも自分の希望通りの就職先を見つけることは難しいけれど、譲れない条件、妥協できること・できないことは必ずありますよね。 転職・再就職活動において、仕事選びの優先順位を決めておくことは重要...
内定辞退 後悔 30代 理由 どうすれば
30代後半で内定辞退して後悔しないだろうか?内定を辞退する時には、「本当に断って良いのだろうか」「後悔しないだろうか」と悩みますよね。 あるいは、既に辞退をしてしまったことを後悔することもあるかと思います。...

あなたが離婚後に仕事を探している場合であれば、給与についてはしっかりと基準を設けておくべきだと思います。

求人 給与 幅 ~ 考慮 応相談
求人の給与が「~」と幅がある。結局下限?応募の前に気を付けること求人に記載されている給与は「月給〇〇万円以上」、「月給〇〇万円~〇〇万円」と、金額に幅がありますよね。実際には、どれくらいもらえるのだろうか。求人の給与額に幅がある理由。下限額が低すぎる場合にどうすればよいか。入社後に給与アップが期待できる企業なのかを見極めよう...

なぜなら、安定した給与を得ることができるのであれば、離婚後も新しいことにチャレンジしたり、自己投資をしたり、趣味にお金を費やすことができたりと前向きに生きることができるからです。

とりあえず応募。面接で知りたいことを確認する

求人や企業のホームページに記載されていることだけで職場の雰囲気や、環境を判断することは不可能です。

特に、賞与は前年実績で何か月分程度が支給されているのか、決算賞与の過去実績、残業時間や残業代のこと、子供がいる女性が働きやすい環境なのかどうかなど、本当に知りたいことは求人情報だけではわからないことが多いですよね。

私は、応募するかどうか迷っているのであれば、躊躇せずにとりあえず応募してみることをおススメします。

求人 応募 迷う 転職 躊躇 ためらう どんどん
求人に応募するのを迷う・・・【躊躇せずにとりあえず応募!】転職サイトやエージェントで、気になる求人を見つけたものの、 応募すべきか否かで迷うことがありますよね。 応募条件を満たしていない、転職活動を始めたばかりで自信がない、不採用続きで応募するのが怖いなど、躊躇してしまう気持ちはよくわかります。 「そんなことで迷っていないで、どんどん応募してみよう!」 なぜなら、応募するか否かで迷っていては、何も始まらないからです。...

なぜなら、この段階では書類選考に受かるかどうかわからないからです。

面接に行くかどうかは、書類選考に通過してからでも良いと思います。

そして、面接では、あなたが知りたいことをきちんと確認すること。

職場の環境など、聞きたいことはきちんと聞いておくべきだと思います。

シングルマザー 働きやすい 環境 職業 どんな仕事
シングルマザーが働きやすい環境とは?どんな仕事かよりもここに注目!シングルマザーでも働きやすい環境の仕事を探したい。 母子家庭でも働きやすい職業とはどのようなものがあるのだろうか。どんな仕事が向いているのだろうか。...

賞与実績については、何か月分なのかで年収に大きな差がでますよね。

賞与 金額 何ヵ月分 書いていない 前年実績
賞与金額が書いてない!前年度実績の記載がない場合の確認方法求人広告には、「賞与あり」「賞与年2回」と記載があるけれど、金額や基本給の何ヶ月分が支給されるのかということが書いていない! 賞与の前年度実績の記載がない場合、ボーナスがどれくらい支給されるのかわかりませんよね。どのようにして賞与額を確認するかについて、...

実際に話を聞くと、賞与額が大きく、想定していた年収よりも多い場合もありますから、やはり求人の内容だけで応募するか否かを決めてしまうのはもったいないです。

複数の転職サイト・転職エージェントに登録

職種や業種の幅を広げ、条件も緩めに設定したけれど、それでもやはりいい求人がないと思う場合には、新しい転職サイト、エージェントに登録しましょう。

私の場合も、初めはリクナビやマイナビなど大手の転職サイトだけしか登録をしていませんでした。

↓↓転職者の約8割が利用!リクナビNEXTの登録はこちらから↓↓

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

↓↓30代後半で再就職した私が利用した転職サイトはこちら↓↓

30代後半 ブランク10年 利用した就職・転職サイト
30代後半で再就職した私がおすすめする転職サイト・エージェントブランク10年の30代後半女性でも、再就職できるのだろうか? 仕事を探すためにはハローワーク?それとも転職サイトやエージェント? ブランクがあっても応募可能な求人はどのようにして探せばよいのだろうか?...

しかし、30代後半の女性が正社員を目指す場合には、複数の転職サイト・エージェントに登録し、求人を探す必要があります。

なぜなら、書類選考を突破することが難しいことに加え、求人サイトによって扱っている企業の求人が異なるからです。

↓↓転職エージェントDODAへの登録はこちらから!↓↓

業界最大級の求人数と豊富な非公開求人!/DODAエージェントサービス

また、公開されていない求人やスカウト機能など複数のサイトに登録することで、より多くのサービスを利用することも可能になります。

転職・再就職活動には情報収集能力も重要。

よい企業にめぐり合うためにも、複数のサイトに登録することをおススメします。

最後に

転職・再就職することを決めた以上は、少しでもよい条件のところで働きたいと思うのは当然ですよね。

しかし、求人を探しても、希望する条件の求人が見つからないと不満に思うことがあるかもしれません。

ただ、できないことや思うようにいかないことを、他人のせいにしていては、何も解決しません。

私の場合は、なぜいい求人がないと思うのか、その原因は自分にあるのではないか?

求人の探し方が間違っていないか?

自分にできること、やりたいことは何なのか?

等々、私自身の意識改革や、改善を繰り返すことで、ブランク10年、離婚後の再就職というどん底の状態でも、英語を活かせる仕事を得ることができました。

あなたもあなたの求人の探し方や転職・再就職活動について改善点がないかどうか振り返って考えてみませんか?

行動と改善を繰り返すことで、活路が見いだせるのではないでしょうか。