面接

面接が急すぎる!突然明日と言われることってあるの?

面接 急すぎる 急に決まる 明日

転職活動中に、気になる企業に応募すると、早速面接の案内が届くことがありますよね。

しかし、内容を確認してみると、面接がまさかの明日!!

「いくらなんでも急すぎる!」

「面接が明日と言われることってあるの?」

「面接が急に決まることってある?」

正社員の募集なのにブラック企業ではないだろうかと不安な気持ちはよくわかります。

しかし、面接日の設定は企業側の事情によるものであり、急に決まる可能性はあります。

あなたのために時間を割いて面接してくださるのですから、ありがたいことだと受け止めて挑むべきです。

そこで、私自身、30代後半で再就職をした経験も踏まえたうえで、面接が急すぎると思っても行くべき理由について、詳しく掘り下げて行きたいと思います。

面接が急すぎると思っても、行くべき理由

選考に通過したことに自信を持つべきだから

あなたは今、あまりにも突然の面接連絡に驚き、戸惑っていることだと思います。

しかし、その企業の求人に応募したのはあなたであり、当然のことながら何か惹かれるものがあったからエントリーしたのですよね。

あなたが気になると思った企業から、面接の連絡が届いたのですからまずは素直に喜んでいいのではないでしょうか。

企業はあなたと直接会って話を聞いてみたいと思ったわけですから、そのことに自信を持ってくださいね。

面接に行かなければ詳細はわからない

あなたは求人の記載内容や企業のWebサイトを確認し、条件や仕事の内容に興味を持ったから応募したのだと思います。

しかし、求人やWebに記載されている内容は限定的です。

企業の雰囲気や社員の印象、仕事内容や給与、労働環境などの詳細なことは、やはり直接話を伺わなければわからないと思います。

面接 志望度 変わる 経験 面接官 印象
面接の印象や対応、企業の雰囲気で志望度は変わる!【体験談】最初はそれほど志望順位が高くなかった企業でも、1次面接、2次面接での対応や会社の雰囲気、印象が良く、志望度が上がった経験はございませんか? 「面接官から言われた言葉が嬉しかった。」 「今まで自分が経験してきたことを認められたような気がした。」...
面接 違和感 辞退 理由 イメージ
イメージと全く違う!?面接時に違和感を抱き、選考辞退した理由中途採用で何社も面接を受けていると、面接の際に違和感を抱くことはありませんか? 「違和感」というのはオブラートに包んでいますが、率...
面接 希望給与 年収 聞かれたら 聞かれなかったら
面接で希望給与を聞かれたら?聞かれなかった場合、いつ確認する?中途採用の面接で、希望年収や、給与のことを聞かれた場合、どのように返答すれば良いのだろうか、賞与のことを質問しても良いのでしょうか。面接で給与のことを聞かれなかった、説明がなかった場合、いつ確認できるのか。もしもあなたが離婚後に再就職活動するのであれば、 給与や賞与 、年収について、納得のいく条件の企業に就職すべき...

面接で話をする中で、この企業で働きたい、ここは辞退しようなどあなたの気持ちが変化することもございます。

だからこそ、あなたのスケジュールが合うのであれば、面接が例え明日だったとしても、挑むべきだと思います。

面接に行っても採用されるとは限らない

少しネガティブなことを書きますね。

明日面接と言われて困ってしまうのは、面接をして早々に転職先が決まってしまってしまうのではないかと考えていはいませんか?

残念ながら、面接に行ってもすぐに採用されるとは限りませんよね。

まだ一次面接の段階かもしれませんし、実際に面接してみて企業側がNoという決断をする可能性だってあります。

転職活動は自分に自信を持つことが重要ですが、結果は蓋を開けてみなくてはわかりません。

あなたが今、企業から求められていることは面接であって、その次の段階は結果が出てから改めて考えればよいのです。

転職 あっさり 決まった 1社目 内定
転職活動1社目で内定 あっさり決まったけどどうすればよい?転職・再就職活動を始めたばかりなのに、あっさりと決まってしまった。面接1社目で内定が出てしまった。拍子抜けしてしまうほどすぐに内定が出てしまうということがありますよね。内定をもらった企業のどのような点を再確認するべきか、他の企業も受けてみたいと思った場合は?...

面接日が急すぎる理由

バイトやパートではなく正社員にもかかわらず、履歴書を送ってすぐに面接の連絡があるなんて・・・。

あなたが心配する気持ちはよくわかります。

確かに一般的ではありませんし、通常は複数の面接日程を提示してくださる企業が大半だと思います。

しかし、企業がどのような採用活動を行っているかはその企業次第ですので一概には言えません。

そこで、面接が急に決まる理由について私なりに考えてみました。

応募企業があなたに興味を持ち、1日でも早く面接をしたいと思ったから

極めてポジティブな理由です。

就職活動は企業と求職者のマッチングだと言いますよね。

どれだけスキルや経験があったとしても、企業が求めているものと異なるのであれば採用にはつながりません。

人事として働く友人の話によりますと、大手の転職サイトに広告を出すと何百通も応募があるのだそうです。

しかし、その中から厳選し、よいと思った人にオファーをし、面接をしても、途中で辞退をされることも多いのだとか。

内定を出した人が入社してくれるか、その返事を祈るような気持ちで待つのだそうです。

もしも辞退された場合、それまでに要した時間が無駄になってしまいますからね。

つまり、求人を出している企業側にとっては、良い人材は他社に取られる前に少しでも早く面接をしておきたいのです。

面接が急に決まる背景にはこのような事情も十分に考えられるわけでして、あなたが応募企業に優秀な人材だと判断された可能性は多いにあります。

面接官のスケジュールの都合

面接を担当する社員、役員のスケジュール調整は大変です。

中途採用の場合には、求職者は同時に複数の企業に応募していますので、面接の途中辞退や日程調整が入ることもよくあることだと思います。

例えば、明日予定していた面接希望者が急にキャンセルとなり、ぽっかりとスケジュールが空いてしまったとしましょう。

そこにタイミングよくあなたが応募したとしたらどうでしょう?

企業によっては、一度抑えた社員のスケジュールをキャンセルするよりは、一人でも多くの求職者に会っておきたいと考えるかもしれません。

このように、転職活動には運やタイミングというものもございます。

いずれにせよ、面接をしていただけるというのは、単純に喜んで良いのではないでしょうか。

何故、面接が急だと問題なのか

では、本来喜ばしいはずの面接の連絡にもかかわらず、何故問題なのでしょうか。

スケジュールが空いていない

一つ目の理由は、在職中で急に有給をとることができない、すでに別の企業の面接が入っているなど、ケジュールが空いていないということが挙げられます。

どうしても面接に行くことができないのであれば、日程調整の依頼をします。

転職 面接 日程 合わない 変更 調整 メール
転職の面接日程が合わない!調整依頼メール例と注意点【体験談】転職・再就職活動中は、応募企業からの面接日程のお知らせメールが届くのが待ち遠しいですよね。 私自身、30代後半で再就職活動をした際には、メールが届くとすぐに確認し、返信していました。しかし、必ずしも応募企業から提示された面接日時があなたのスケジュールと合うとは限りません。どうしても面接日程が合わない場合に、どのようにメールで変更を依頼するべきか、注意すべき点は何かについてまとめていきたいと思います。...

企業側もおそらくダメ元でオファーをしているでしょうから、別の日に変更していただきましょう。

面接の準備ができていない

次に考えられるのが、スケジュールは空いているけれど、いきなり明日と言われても、何の準備もしていない!という状態でしょう。

あまり深く考えずにとりあえず応募してしまった企業の場合、志望動機が準備できないと思うかもしれません。

求人 応募 迷う 転職 躊躇 ためらう どんどん
求人に応募するのを迷う・・・【躊躇せずにとりあえず応募!】転職サイトやエージェントで、気になる求人を見つけたものの、 応募すべきか否かで迷うことがありますよね。 応募条件を満たしていない、転職活動を始めたばかりで自信がない、不採用続きで応募するのが怖いなど、躊躇してしまう気持ちはよくわかります。 「そんなことで迷っていないで、どんどん応募してみよう!」 なぜなら、応募するか否かで迷っていては、何も始まらないからです。...

しかし、面接の準備は時間をかければよいというものではありません。

少なくとも、明日伺いますと返信をしてから面接の時間までは猶予があるのですから、企業のWebサイトや求人広告で対策をねる時間はあるはずです。

転職サイトの口コミで情報収集しておくのも良いと思います。

↓↓年収・企業口コミの閲覧可能!後悔しない転職をするためにキャリコネに登録↓↓

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

面接がボロボロだったとしても、受かることもあるのですからやれるだけのことはやって面接に挑む!でよいのではないでしょうか。

面接 ボロボロ 受かった 転職 グダグダ
面接がボロボロでも受かった!その理由と今後の対策を考える転職・再就職のために面接を受けたけれど、ボロボロだった・・・。 緊張のあまり、うまく答えることができずグダグダになってしまった。 全く手応えがないまま終了し、ショックを受けることがありますよね。 しかし、あなたが面接でボロボロだったと感じていても、受かることはあります。...

面接が次の日なんてブラック企業ではないだろうか

誰だって好き好んでブラック企業に入社したいとは思いませんよね。

応募翌日に面接が決まるなんて、離職率が高く慢性的な人手不足のブラック企業ではないかと不安になるかもしれません。

しかし、面接で実際に話を聞いてから判断しても遅くはないのではないでしょうか。

面接時に違和感があったり、ブラックの可能性が高いと感じた場合には、途中辞退をすればよいだけです。

内定辞退 後悔 30代 理由 どうすれば
30代後半で内定辞退して後悔しないだろうか?内定を辞退する時には、「本当に断って良いのだろうか」「後悔しないだろうか」と悩みますよね。 あるいは、既に辞退をしてしまったことを後悔することもあるかと思います。...

また、先ほどと同様、ブラックであれば口コミ数も多いかもしれませんので調べておくとよいですね。

↓↓年収・企業口コミの閲覧可能!後悔しない転職をするためにキャリコネに登録↓↓

10万件の企業口コミで失敗しない転職。キャリコネ

面接が急に決まった場合のメール返信例

企業はあなたの返事を待っていますので、面接に行くと覚悟したのであれば、早めに連絡しましょう。

レスポンスが早いことはあなたの印象アップにも繋がります。

次の記事の「企業への面接前日リマインドメール返信例」をご参照ください。

面接前日 確認電話 リマインドメール 留守電 
面接前日に企業から確認電話やリマインドメールはある?留守電の場合は?転職の面接前日に企業から確認電話やメールはある? 電話に出られず留守電が入っていた場合は折り返すべき? この記事では私の体験を基に、企業側がリマインドする目的や、メール返信例、留守電への折り返し方などについて...

まとめ

本来ならばうれしいはずの応募企業からの面接日程の案内メール。

転職市場が活発な今、企業側も良い人材確保のためスピードアップで採用活動を進めています。

しかし、急に明日と言われても「急すぎる!」と困惑する気持ちはよくわかります。

実際に入社するかを決めるのはあなたですし、明日の面接で受かるかどうかはわかりません。

面接の経験を重ねることで、どのような仕事をしたいのか、どのような企業で働きたいのかというあなたの基準が徐々に定まってくると思います。

もしも私が転職活動中で、気になる企業から面接のオファーがあったのであれば、迷わず行きます。

なぜなら、自分の目で、耳で確かめなければわからないことがたくさんあるからです。

面接に呼んでいただけるってすごいことですよ!

企業はあなたのために、貴重な時間を割いているのです。

急ではありますが、せっかくの機会なのですから是非チャレンジしてくださいね。

当ブログでは、30代後半で離婚し、人生どん底の状態の中で再就職した私自身の経験を基に、転職・再就職活動に関する様々な記事を更新しています。

他の記事も併せて呼んでいただけるとうれしいです。

↓↓30代後半で再就職した私が利用した転職サイトはこちら↓↓

30代後半 ブランク10年 利用した就職・転職サイト
30代後半で再就職した私がおすすめする転職サイト・エージェントブランク10年の30代後半女性でも、再就職できるのだろうか? 仕事を探すためにはハローワーク?それとも転職サイトやエージェント? ブランクがあっても応募可能な求人はどのようにして探せばよいのだろうか?...

↓↓30代後半、ブランクありの私がどのようにして再就職活動を始めたのか?手順を公開↓↓

30代後半女性 再就職 転職 手順 始め方 正社員
30代後半女性が再就職・転職活動を始める手順【目指せ正社員!】30代後半で、職歴にブランクがある女性が再就職活動をするには、どのような手順で進めていけばよいのだろうか。 派遣やパートから正社員へ転職するためにはどのような順番で行動すればよいのか、就職活動の始め方がわからないとお悩みではございませんか。...