面接

面接に早く着いた場合、受付は待機!理由と時間の使い方【体験談】

転職 面接 早く着いた 着きすぎた 受付

「面接に早く着いてしまった!」

企業の面接に行く場合は、遅刻は厳禁は当然のことながら、早く着きすぎるのもNGですよね。

とはいえ、私自身の経験からも、オフィスビルや周辺、最寄り駅に到着するのは余裕を持って30分前くらいがよいと思います。

では、なぜ面接に早く着いたとしても、受付は待機すべきか、早く着いた場合の時間の使い方について経験を基にまとめていきます。

面接時刻より早く着いた場合でも、受付は5~8分前がベストな理由

この記事をご覧になっているあなたは、現在在職中で転職活動を行っているのではなく、ブランクがあり再就職を目指しているのではないかと推測します。

あるいは、パート・アルバイトから正社員職を目指して転職活動中なのかもしれませんね。

転職 つなぎ 派遣 パート 再就職
つなぎで派遣やパートはお勧めしない!正社員になるための思考法30代後半で就職活動をしているけれど、なかなか仕事が見つからない。 正社員の仕事が見つかるまでのつなぎとして、派遣やパート、アルバイトをしようかと悩んでいる。 ブランクがあり、正社員になるのが難しいので、短期の派遣やパートで経験を積んでから就職活動をする方がよいだろうか。 就職活動が長期化すると、つなぎとして雇用形態を問わず働くことを考えるようになってしまいますよね。...
ブランク 働く 怖い 理由 解決方法
ブランクがあるので働くのが怖い~行動することが解決策会社という組織の中で働くことを辞め、ブランク期間が長くなればなるほど再就職に不安になり、働くことが怖くなりませんか。 もう一度社会に出て働きたいと思い、求人を眺めているけれど応募をする勇気がない。 通勤電車に耐えられるだろうか。 そもそもブランクが長い私を雇ってくれる会社はあるのだろうか。...

なぜ、こんなことを言うのかといいますと、企業訪問時は、予定時刻の5~8分前くらいに受付をするというのがビジネスマナーだからです。

(10分前でもギリギリよいのかなとは思いますが、肌感覚として、現在の自分の立場からすると10分では少し早いかなと思います。)

在職中で日常業務として社内外で打ち合わせや企業訪問をしている方であれば、当然のルールではございますが、ブランクがある場合などは、忘れてしまっているかもしれませんよね。

特に、絶対に遅刻はしない!という真面目な方ほど、面接に早く着きすぎてしまうのではないでしょうか。

建物や最寄り駅に早く着きすぎても問題はありませんが、受付をするのはNGです。

理由は3つございます。

面接担当者があなたのために時間を確保しているのは面接予定時刻から

もしもあなたが20分前、30分前に受付をしてしまったとしても、面接担当者がすぐに対応できるとは限りません。

なぜなら、私自身、社内外の打ち合わせが度々あるのでわかるのですが、予定時刻の5~8分前くらいまでは、別の仕事をしています。

つまり、あなたがもしも面接に早く着きすぎてしまうと、面接担当者に気を遣わせてしまうことになりますよね。

会議室の予約はあなたの面接時刻から

面接は会社の会議室で行われるのが一般的だと思います。

企業の規模にもよりますが、会議室は必要に応じて予約をし、社員が共有して使用しているはずです。

私の会社でも会議室は複数あるものの、来客や打ち合わせが多い場合には全て埋まっていて空きがないということもしばしば。

つまり、あなたが面接に早く着きすぎた場合、使用予定だった会議室はまだ空いていないということも珍しくないと思います。

面接に早く着きすぎた場合、待機場所がない企業もある

大企業の受付であれば、ソファが設置されている場合や、控室が用意されているかもしれません。

実際、私が面接に訪問した企業の中には、受付で来客者が待っているケースもございました。

しかし、中小企業の場合には、そのような待機場所がないことのほうが多いかと思います。

待機場所がないことで、社員の方に余計な気を遣わせてしまうことになりかねませんので、早すぎる受付は避けるようにしなくてはなりませんね。

面接時刻より早く着いた場合の時間の使い方

受付には5~8分前くらいがベストではございますが、面接企業の建物周辺や最寄り駅に到着するのは余裕をもって30分前くらいが良いと思います。

そこで、私自身が実践していた時間の使い方についてご紹介しますね。

面接企業が大きなオフィスビルに入居している場合

面接が決まったら、その企業に訪問するための経路を事前に確認するかと思います。

私の場合は、東京で再就職活動をしたということもあり、面接を受ける企業が大きなオフィスビルに入居しているということもありました。

都心のオフィスビルの場合、下のフロアにカフェなどの飲食店が入っていたり、休憩用のベンチが設置されていることも多く、待機場所には困りません。

このため、受付に向かうまではカフェやベンチで待機し、面接のシミュレーションをしたり、お手洗いで身だしなみを整えるなど時間調整をしていました。

ただし、面接企業の社員がカフェやお手洗いを使用している可能性もありますので、行動には十分に気をつける必要があると思います。

面接企業が入居している建物が大きなオフィスビルではない場合

面接企業が入居しているビルが大きなオフィスビルではない場合、建物内にカフェやロビーはないかと思います。

場所によっては周辺にもカフェや公園など時間を調整できるような施設がないかもしれません。

このような企業に面接に訪問する場合には、企業の最寄り駅で身だしなみを整えました。

後は、企業の周辺はどのような雰囲気なのかというイメージを掴むために、散策をしながら時間調整をしていました。

私の場合、東京都心の企業を中心に面接を受けていましたが、土地勘のない地域を訪れることも度々ありました。

自宅から会社までの通勤時間や、企業周辺の環境、使用する駅、路線などは企業を比較する際に意外と重要だったります。

通勤時間 長い 辛い 転職 優先順位 条件
通勤時間が長いと辛い!転職・再就職時の重要なチェック項目です東京で働くのは初めてなので、満員電車での通勤がどれほど大変なのか不安。 仕事を探す場合には、通勤時間がどれくらいまでの求人を探せば...

転職活動は限られた時間で、どの企業で働くかという大きな決断をすることになりますので、比較検討できる材料は揃えておいた方がよいと思います。

面接時刻より早く着きすぎた場合は、身だしなみを整えて、万全の体制で面接準備をしておこう!

転職・再就職活動がうまくいかず、ようやくつかんだ面接のチャンスだった場合には、意気込むあまりに面接時刻より早く着きすぎてしまうこともあるかと思います。

転職 面接 アピールできなかった 不採用 アピール不足
転職の面接でアピールできなかった・・・改善すれば大丈夫!転職活動中で面接まで進んだものの、うまくアピールができなかった。緊張してきちんと受け答えができず、失敗してしまったとショックを受けることがありますよね。アピール不足だったのであれば、次の企業の面接までに改善すればよいだけです。...

特に、都心の場合は電車遅延などの影響を受けることも多いですからね。

慎重な方ほど予定時間よりも早く到着しているかと思いますが、受付時間は面接時刻の5分~8分前くらいがベストです。

私の場合は、高層階のオフィスであれば12分前くらい、10階未満であれば10分前にエレベーターに乗るようにしていました。

企業の建物周辺には30分前くらいを目安に到着しておき、身だしなみを整えて準備万端にしておくとよいと思います。

雨の日や、夏の暑い日には髪型が崩れている可能性がございます。

冬場であれば、コートを脱いだ時に、スーツに繊維が付着していて目立ってしまうということもありますからね。

余裕をもって最終準備をし、面接に挑んでください。

当ブログでは、30代後半で離婚し、精神的にどん底状態の中から這い上がって、再就職をした私自身の経験を基に、転職・再就職に関する記事を多数執筆しています。

離婚後、経済力をつけるために正社員になりたい!

ブランクがあっても正社員になれるのだろうか?

離婚 自立 仕事 資格 女性 辛い
離婚後は良い仕事を見つけて自立する!という覚悟と行動力が大切離婚後は自立するために正社員の仕事を見つけて働きたいけれど・・・・。 専業主婦で扶養されていた場合には、 離婚を機に社会復帰し、自分の稼ぎで生計を立てるということに不安を感じるのは当然のことだと思います。離婚後の生活がどれほど辛いのか、仕事を探すためには資格が必要かなど考えれば考えるほど心配になりますよね。...

私自身、このような思いを抱えながら、生きるために懸命に仕事を探しました。

利用した転職サイトの情報は次の記事でまとめていますので、よろしければ併せてご覧ください。

↓↓30代後半で再就職した私が利用した転職サイトはこちら↓↓

30代後半 ブランク10年 利用した就職・転職サイト
30代後半で再就職した私がおすすめする転職サイト・エージェントブランク10年の30代後半女性でも、再就職できるのだろうか? 仕事を探すためにはハローワーク?それとも転職サイトやエージェント? ブランクがあっても応募可能な求人はどのようにして探せばよいのだろうか?...

↓↓転職者の約8割が利用!リクナビNEXTの登録はこちらから↓↓

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

↓↓30代後半、ブランクありの私がどのようにして再就職活動を始めたのか?手順を公開↓↓

30代後半女性 再就職 転職 手順 始め方 正社員
30代後半女性が再就職・転職活動を始める手順【目指せ正社員!】30代後半で、職歴にブランクがある女性が再就職活動をするには、どのような手順で進めていけばよいのだろうか。 派遣やパートから正社員へ転職するためにはどのような順番で行動すればよいのか、就職活動の始め方がわからないとお悩みではございませんか。...